バンクイック(三菱UFJ銀行) キャッシング 履歴

キャッシングした履歴はいつまで残りますか?

バンクイックに限らず、信用取引をすると、5年間個人信用情報機関に記録が残ります。


信用取引とは、お金を借りたり、クレジットカードを使ったり、ローンをくんだりするような、自分の将来のお金を借りるような取引のことを言います。
ですから、自分の将来に信用があれば、大きなローンがくめたり、お金を借りることができます。

 

個人信用情報機関には3つあり、国内の金融機関は必ずいずれかに加盟する必要があります。

 

信用取引で利用した情報のことを「信用情報」といい、個人信用情報機関に契約完了後5年間保管されます。
契約完了後5年間とは、借りたお金を完済してから5年経過することをいいます。

 

どんな情報が記録されるかというと、以下のような項目になります。

氏名、生年月日、性別、住所などの個人情報
どこで借りたか、契約の内容、借りた額などの契約情報
ちゃんと返しているか、どれだけ残っているのか、完済した日などの返済に関する情報
返済が難しくなり、債務整理などをしていないか取引実績に関する情報

 

では、こういった信用情報に傷がつくとはどういったことを言うんでしょうか?

 

「信用情報に傷がつく」ってどういう状態?


信用情報に傷がつくとは、ブラックリストにのるということです。
返済が遅れることや、返済が困難になり、債務整理をするとその記録が信用情報機関に記録されます。
そういった記録が残ると、新しくお金を借りたり、ローンを組むことが難しくなります。
このような状態を信用情報に傷がつくといいます。

 

キャッシングの履歴が与える影響ってあるの?

キャッシングの履歴による段階は3つです。
それぞれの段階ごとに影響は違います。

1.申し込み


実は、申し込みの時点で、信用情報機関には記録が残ります。
この申込の記録は借りた場合と違い、6か月間の保管期間になります。
このとき、他社へキャッシングの申し込みを同時にすると、審査に通らないといったことになります。
また、審査に通った通らなかったといった記録も残るので、他社の審査にも通りにくくなることがあります。


2.お金を借りる


どこにいくらお金を借りているという記録が残ります。
遅れることなく完済できた場合は、信用があがるので、他の信用取引でも審査が通りやすくなります。
ただし、住宅ローンなどの大きいお金を借りる場合、申し込みが重なってしまうと、お金のやりくりが苦しい状態と判断されるため、審査に通らなくなることがあります。


3.返済に遅れたり、返せない


返済に遅れたり、返せず債務整理などした場合、どの信用取引の審査も通ることが難しくなります。
完済してから5年以内は、その記録は残るだけではありません。
例えば、バンクイックでお金を借りて返済に遅れた場合、他の信用取引は5年以上たてば可能ですが、三菱東京UFJ銀行にはその記録はずっと残り続けます。
そのため、三菱東京UFJ銀行でのお金を借りたり、ローンをくんだりすることはできなくなってしまいます。

 

キャッシングを利用すると住宅ローンの審査に通らない?

キャッシングしても住宅ローンの審査は通ります。

 

キャッシングをすると、住宅ローンの審査が通らなくなるという話を聞きますが、それは間違いです。
ただし、審査が通らなくなるのは理由があります。

 

理由1.返済に遅れたりしたなどのブラックリストにのっている

当然ですが、返済に遅れたり、以前に返せなかったなどの履歴があるひとは住宅ローンの審査に通ることは無理といってもいいでしょう。


理由2.住宅ローンに申し込んでいるのに、キャッシングの申し込みをしている

審査段階で、キャッシングを申し込むと生活費のやりくりができていないとみなされ、審査に落ちてしまいます。
また、住宅ローンの審査に通ったとしても、返済が残っていると、その支払いがある分、住宅ローンでくめる金額が少なくなるということがあります。

 

バンクイックなら、金利も安くて少額から借りれるので安心です

安心して借りれるバンクイックの申込はこちら!

キャッシングが初めての人や、既に利用している方の中にも、"キャッシングをしたという事実"が残ることが気になってしまう方もいるようです。 確かに、信用情報機関には、カードローンの申込みなどをしたりすると、記録として残されることになります。 しかし、いわゆる事故情報でない限りは、何らかの影響が出ることはないものですし、極端な例では、携帯電話の分割払いの記録も残されているものとなっています。 したがって、バンクイックだからといって極端に気にする必要はなく、月々の返済を計画的に行うことの方が重要になります。 それでも気になってしまう方のために、「キャッシングをしたという履歴」が、どの程度の期間保管されるのかについて説明します。 まず、バンクイックなどのカードローンの申込みをしたときに、「申込みの事実」があったことが記録されます。 この記録は、申込み日から約6ヶ月で消去されるものとなっていますので、短期間のうちに何度も申込みをしない方が言われているのは、この記録が理由となっています。 また、正式にバンクイックの契約が完了したときには、利用限度額などの契約内容が記録として残されます。 これは、他の金融機関が、申込みを受けたときの審査に利用されるもので、今、どの程度の額の利用限度額で契約しているのかが分かることになります。 そして、この記録は、契約解除(完済)してから、5年を超えない期間内に削除されることになっています。 もちろん、完済したときにも、その事実が記録されますので、完済後の借入れに影響があることはありません。 また、キャッシングの残高があるからといって、住宅ローンが組めなくなってしまうとか、自動車ローンが組めなくなってしまうようなこともありません。 基本的に銀行の審査では、借入先がどこであっても影響することはなく、"本人の返済能力だけを見ている"ということが言われています。 そのため、三菱東京UFJ銀行のバンクイックにおいても、本人の収入とは関係なく"返済できるのか?"という点で審査が行われます。 したがって、他のキャッシングサービスでは、「本人に収入があることが絶対条件」となっていますが、バンクイックの場合は、専業主婦の方でも気軽に申し込むことができるようになっています。 もちろん、一時的に仕事を中断してしまっている人や学生さんでも利用することができますので、キャッシングを諦めていた人でも申込んでみると良いのではないでしょうか?