バンクイック(三菱東京UFJ銀行)

バンクイックでキャッシングした場合、キャッシング履歴はいつまで残りますか?

キャッシングが初めての人や、既に利用している方の中にも、"キャッシングをしたという事実"が残ることが気になってしまう方もいるようです。

 

確かに、信用情報機関には、カードローンの申込みなどをしたりすると、記録として残されることになります。

 

しかし、いわゆる事故情報でない限りは、何らかの影響が出ることはないものですし、極端な例では、携帯電話の分割払いの記録も残されているものとなっています。

 

したがって、バンクイックだからといって極端に気にする必要はなく、月々の返済を計画的に行うことの方が重要になります。

 

 

それでも気になってしまう方のために、「キャッシングをしたという履歴」が、どの程度の期間保管されるのかについて説明します。

 

 

まず、バンクイックなどのカードローンの申込みをしたときに、「申込みの事実」があったことが記録されます。

 

この記録は、申込み日から約6ヶ月で消去されるものとなっていますので、短期間のうちに何度も申込みをしない方が言われているのは、この記録が理由となっています。

 

 

また、正式にバンクイックの契約が完了したときには、利用限度額などの契約内容が記録として残されます。

 

これは、他の金融機関が、申込みを受けたときの審査に利用されるもので、今、どの程度の額の利用限度額で契約しているのかが分かることになります。

 

そして、この記録は、契約解除(完済)してから、5年を超えない期間内に削除されることになっています。

 

もちろん、完済したときにも、その事実が記録されますので、完済後の借入れに影響があることはありません。

 

 

また、キャッシングの残高があるからといって、住宅ローンが組めなくなってしまうとか、自動車ローンが組めなくなってしまうようなこともありません。

 

基本的に銀行の審査では、借入先がどこであっても影響することはなく、"本人の返済能力だけを見ている"ということが言われています。

 

 

そのため、三菱東京UFJ銀行のバンクイックにおいても、本人の収入とは関係なく"返済できるのか?"という点で審査が行われます。

 

したがって、他のキャッシングサービスでは、「本人に収入があることが絶対条件」となっていますが、バンクイックの場合は、専業主婦の方でも気軽に申し込むことができるようになっています。

 

もちろん、一時的に仕事を中断してしまっている人や学生さんでも利用することができますので、キャッシングを諦めていた人でも申込んでみると良いのではないでしょうか?