三菱東京UFJ銀行カードローン|バンクイック

バンクイックお申込み窓口

 

バンクイックの審査の流れを教えてください。

キャッシングサービスを提供する企業には、銀行系・非銀行系とあります。

 

非銀行系のキャッシングサービスでは、アイフルなどがありますが、経営状態が思わしくないことから、審査なども厳しくなってしまう傾向にあります。

 

逆に、銀行系でもアコム・バンクイックなどは、三菱東京UFJ銀行系のサービスとなっていますので、潤沢な資金のバックアップを受けている特徴があります。

 

そのため、経営状態に関係なく、公平な審査基準で審査を受けることができるメリットがあります。

 

また、法律に違反した金利での貸付けや、違法な回収が行われる危険性がないのも、大きな魅力となっています。

 

 

この銀行系のキャッシングサービスの中でも、バンクイックは、三菱東京UFJ銀行が自ら提供するサービスですので、安心感は業界No.1と言われています。

 

利息も安くなっていますので、審査の申込みも非常に多くなっていますが、審査の流れに少しだけ特徴がありますので紹介しておきます。

 

 

バンクイックの申込みでは、本人確認に必要な運転免許証や収入を証明するための書類(200万円以上の利用限度額の希望者)は、審査が終わってから提出する流れになっています。

 

そのため、本人の申告によってスピーディに仮審査が行われ、電子メールあるいは電話によって結果が知らされます。

 

その後、郵送あるいはテレビ窓口のある店舗に行って、運転免許証などを提出してカードなどを受け取る流れとなっています。

 

ここで、バンクイックに申込んだ事実を家族に知られたくないという方は、テレビ窓口のある店舗に行く必要がありますが、書類が送られてきたとしても"三菱東京UFJ銀行"からの書類ですので、郵便物の外観からは分からないようになっています。

 

しかし、コンビニのATMなどを利用してキャッシングするためにカードの発行は欠かせませんので、急いでお金が必要な方は、テレビ窓口に行くようにした方が良いでしょう。

 

 

初めてのキャッシングのときは、審査が開始されてからよりも、実際に申し込むまでの時間が長いと言われています。

 

様々な不安もあるかも知れませんが、日本の大手の銀行が提供するサービスですので、安心して申し込んでいいと思います。

 

このときに、必ずしも本人に収入があることが条件とはなっていませんので、専業主婦の方やアルバイトをしていない学生さんなどでも申込みが可能です。

 

幅広いユーザーを対象としている点も、バンクイックならではの特徴ということができます。

バンクイックの金利は、他社と比べてどうですか?

バンクイックの人気の秘密は、大きく分けて「銀行のサービスであるという安心感」「無職・専業主婦でも申込み可能」「絶対的な金利の安さ」の3つをあげることができます。

 

 

カードローンは、銀行系・非銀行系と分けることができますが、銀行系の人気の理由は、違法な貸付けや回収が行われないという安心感だと思います。

 

その中でも、銀行が直接サービスの提供を行っているバンクイックなどは、最も安心して利用することができるカードローンと言えます。

 

また、同じ銀行のサービスであっても、地方銀行ではなく、大手のメガバンクということで、貸し渋りといった心配が少ない、つまり、審査基準が緩いということが予想されます。

 

 

また、申込みの条件に「収入がある」というのが一般的ですが、無職や専業主婦・年金生活者であっても利用することができます。

 

2010年の改正貸金業法の完全施行によって、貸金業者は「個人の年収の3分の1以上の貸付け」ができなくなっています。

 

そのため、同じ三菱東京UFJ銀行系のアコムやモビットなどと比較しても、審査基準はバンクイックの方が緩くなっていると思われます。

 

 

また、バンクイックの金利は、利用限度額に応じて年1.8%〜14.6%となっていますので、他社よりも金利が安いということができます。

 

利用限度額では50〜100万円以下が最も多いと予想されますが、その場合では、年12.6%の金利となっています。

 

100万円をキャッシングした場合を想定して、年18%の他社と比較すると、1年間で5万4千円も利息の差が生じることになります。

 

 

そのため、現在、他社のカードローンを利用している人が、新たにバンクイックのカードを作り、バンクイックに乗り換える選択をする人が増えてきています。

 

一般的には、カードローンの申し込みは1社だけでなく2社あると返済時に便利であることは言われていますが、メインとなるカードをバンクイックにしておくと、利息面で大きなメリットがあることは確かでしょう。

 

 

カードローンの金利は、商品の価格そのものですので、返済場所が面倒であるとか、他にデメリットがない限りは、金利の安いサービスにユーザーが集まるのは当然の流れだと思います。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローンは、借入・返済時に全国のコンビニエンスストアなども利用でき、月々の返済額も少なくすることもできます。

 

新規の申込みはもちろん、他社からの乗り換えも検討してみる価値があるサービスと言えます。

バンクイックの返済はどこでできますか?

バンクイックの大きなメリットは、「金利がとても安い」ことと「銀行のサービスによる安心感がある」ことの二つになります。

 

他社のカードローンの金利は、概ね年18%程度であることが多く、バンクイックの年1.8%〜14.6%の金利では、利用年数が多くなればなるほど、取引額が大きくなるほど違いが大きくなってきます。

 

そのため、他社に強いこだわりがあるわけではないという方は、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの申込みをすると良いでしょう。

 

また、もう一つのメリットとして「銀行による安心感」というものがあります。

 

とくに、キャッシングサービスの利用が初めてという方の場合、多かれ少なかれ不安を感じていることがあると思います。

 

そのような時に、中小の貸金業者に手を出して失敗してしまうよりも、銀行のサービスを検討した方が断然安心できると思います。

 

 

しかし、これらのメリットがあるとはいえ、キャッシングした後の返済方法が面倒であると、継続して利用するのが大変になってしまいます。

 

そのため、カードローンの申込みの前には、必ず「返済方法の確認」をしておく必要があります。

 

バンクイックの返済方法は、三菱東京UFJ銀行のATMからの返済に加え、提携コンビニエンスストアのATMを利用することができます。

 

バンクイックと提携しているATMは、セブン銀行ATM・ローソンATM・E.net(ファミリーマートなど)になります。

 

自宅の近くにセブンイレブン・ファミリーマート・ローソンがあれば、毎月銀行まで行く必要がありませんので、快適にキャッシングを利用することができます。

 

さらに、銀行が提供するキャッシングサービスの場合、ATM利用手数料が無料であることが多く、バンクイックの場合も無料でATMを利用することができます。

 

もちろん、夜間であっても時間外手数料などは掛かりませんので安心です。

 

また、コンビニでの返済方法以外では、自分の預金口座から自動引落しによる返済も可能となっています。
この場合、三菱東京UFJ銀行の預金口座が必要になりますので、あらかじめ用意しておくと安心ですね。

 

しかし、多くのバンクイック会員は、コンビニのATMを利用して返済しているようです。

 

近くにセブンイレブンやファミリーマートがない場合は仕方がありませんが、コンビニでの買い物のついでに返済できるのは、とても便利だと思います。

 

もちろん、周囲の人からは、ATMを利用してキャッシングや返済をしていることは分かりませんので安心です。